08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

― 現代詩フォーラム選集 ―

毎週木曜日更新予定。

当サイトはリンクフリーです。
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
光りについての短詩篇
 *

  光が光りを失えば
  もう歩かなくとも済むだろう
  闇が闇を失えば
  しゃべらなくとも済むだろう
  光はいつも道を指し
  闇はことばを誘いだして
  ぼくを孤りにしてしまう

  きょうまで光りから遁れ
  昏さからも遁れて来た
  けれどおもてに出てあの流れへ入る  

  きみのすぐそばを群れのたくさんが急ぐ
  ソーダ水を片手に青年がひとり立ってる
  だれからも遠くだれからも愛されないかれは
  一瞬壜を日にかざすと
  光りを閉じ込めて呑み込んでしまった

  声をかけようとしたけれど
  道の決まっているものはふりむかない
  ぼくもいかなくてはならない
  きみは石そっくりの陰部を砕いて
  古めかしいことばを捨てようとしてる


 *

 かれらが内ちにとどまるよう
  願ってもみたけれど
   叶わないのだ
    水に溶けるのを見るのみで

  あなたは朽ちかけの壁に背を許し
  ゆうぐれを浴びていましたね
   腐った野苺と野犬の吼声のなかを
    ふたりだけで立っていた
 
 「あなたは光と翳のゆくえを知りたい?」
  ちょうど夕日が林のなかにあって
  赤いまなざしがこっちを向いたときだった
  あなたはかみ合わない視線で吐息した
 「わたしはあなたの姉でも妹でも弟でもあるのよ
  つまりあなたの存在の一つでもあるの」

 ぼくには姉も妹もいなかったのに
  ぼくには兄や弟がいるかも知れないのに
   ただうなずいて
  夜が来るのを待っていた
   いったいなにが云いたいのだ
    少し苛立ち
     少し笑み
      夜の深みを待っていた
 
  ゆうぐれが終わったころ
 互いの沈黙のなかで死のおとが鳴った
 満たされない景色のうえで
 あなたはぼくを通し
  あなた自身に語りかける

  「どんな日没もどんな日の出も
   きみの孤独を反映したりはしないだろう
  か細い光りが胸のあたりに
   ただ刺さるだけ──。」

      そこで光りは落ちた


 *

 風が頬を撫ぜると 笛の子供らがいっせいに舌を出す ある正午 ぼくは光りのない燈をもぎとりながら夜を待っていた 道を次第に町へ入る 高架路の足首 車たちの手術室 医者のための洋食屋 無人給油所の破れた管 そのなかに芽吹いたもの 六月の日のなかで不正は早くも凍死する 私鉄T駅からA警察署へ 知らないひとびとに挨拶をくれながら少年は取り残される おれはなにも知らないんだ 青と黄しか知らない ああそろそろぼくもいかなくちゃ 藍色のテントハウスが空腹を告げた 素知らぬかおで国道を過ぎると目の前を大きな象! ステンレス製の和式便所 そのうらで休息する にせものの雷鳴を載せて長距離運輸トラックの走る ぼくが追求するのは不正ではない 色と輪郭の張り合わせ 百足の行進 白人が農夫を嘲り 畑に笑って唾をたれてる 病院通りの狭路 そして連れ去れた少女たち ぼくはとうとう太陽に覆いをかけた 

 *

 閉じられた戸口にかげはふかく
 行と行のあいだを伝い
 ことばに沁みてゆく夜半 
 かれらはその室にあって
 ひどく怯えていた
 消えた明かりのもとをさ迷い
 書かれたあとの
 読まれたあとの景色を見つめてる
 まあ かわいらしい児
 あのひとは黄色い手をまっすぐ展ばしたけれど
 そのために死んでしまった
 どうしたことだろう
 窓をみつめたが
 写っているのはだれかの幽霊
 ああ言葉を憶えてしまっては逃げ場などないのさ
 なにをどう書いたって
 だれかを愛し傷つけてしまう
 白いノートのうえに鼻を撫ぜる匂い
 それはまぐそのかも知れないし
 苺のかも知れない
 雨季のとかげの
 あるいはインクのかも知れない 
 ぼくは死を書いた
 笛の子供らがいっせいに舌を出す
 かれらが追求するのは不正ではない 
 色と輪郭の張り合わせ
 ぼくはあなたを通しぼくに語りかける
 光が光りを失えば
 もう歩かなくとも済むだろう
 闇が闇を失えば
 しゃべらなくとも済むだろう
 だからおまえよ
 眼も足も手放せと
 ぼくは聞こえないふりをして少し苛立ち
 少し笑んで朝を待っていた
 すると扉がひらかれて
 だれかの言葉が
 だれかを殺し終えて立っている
 ぼくもあのひとのように青い手を展ばした

 *




        作/giova さん
フォーラム選集 | 薦/岡部淳太郎さん | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
フラグメント
ハローグッドバイ
ハローグッドバイ
ゆらりゆらりと
朝のメルヘン
たびからたびの
たびからたびへ
百万光年も
二百万光年も
神のためにその石は削られ
深い傷を負った陰影を語り継ぐ
忘れさられた朝の神秘に

あなたは
無傷の言葉の影響を信じ*1 
眠りつづける祈りのように
魂の意味へと静かにちかづく

ハローグッドバイ
ハローグッドバイ
それは
美しい構築をうしなった
ながれゆくメロディ
もうずっと
殺されつづけるだけのひかりではない
震えるくろがねの切先にとどまり
いのちそのものの輝きをめざした
純潔な逆光
、ただひとつ

あさのきせきに
宿してしまった
うぶごえのかなしみ

あるいは
いつまでも僕はそれに触れていよう

〜グラスの底の羊水の永遠に
 祈られた静寂が投げかけられると
 メメント・モリ
 敬虔な朝のメルヘンがゆっくりと反響している〜

すると
そのように
ひとつのあさ
ひそやかに
まどぎわに置かれた
花の余生が
とても美しい


    



      作/もりおかだいち さん


    

フォーラム選集 | 薦/岡部淳太郎さん | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM