12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

― 現代詩フォーラム選集 ―

毎週木曜日更新予定。

当サイトはリンクフリーです。
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
夏の
夜が
激しさを増し
ぼくは
水が欲しかった
とても

海水浴
波に
持ち上げられて
足がもうつかない場所へ
つま先に虚無が触れ
頭上には
目を閉じても赤い
太陽

波の腕が
ふいに太くなり
無造作に
叩きつけられた
衝撃の後
手のひらがすこし
裂けて

傷口から
ぼくがすこし
失われるような
生まれるような
感覚

波で
洗われては
生まれる


血は
海水にゆらめいて
生き物のように
漂っていった


待ってくれ

もらった手紙の返事を
言うよ

すぐに
照れたり
もったいぶったり
ごめん

裂け目をぐっと
押さえ

うずく
傷口
疲れた
身体

夏の
夜が
激しさを増し
ぼくは
きみが欲しかった
とても

夏休みの間じゅう
波間に漂っていたぼく
地元での事件を
知らずに

もらった手紙の返事を言うはずだった
クラスメートの名前が、


消えていた

残されたのは
日焼けた肌と

手のひらの
白い
傷跡

うずく
いつまでも

まぶたから
なにかが
失われるような
生まれるような
感覚

涙で
洗われては
生まれる

きみ

眠れば
つま先に虚無が触れ
頭上には、、


夜が
秋に侵食され
ぼくは
きみの
影でもいい
欲しかった


いまも






          作/ふるる さん
フォーラム選集 | 薦/緑川ぴのさん | comments(1) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
アトランティック   メルヘン
原稿用紙の正方形を
ひとつひとつ塗り潰す作業
色は
別に決っていない

「できました」

教壇でしかめ面がなおらない
うさぎ先生に持って行く
すると

「わたしは
 きみに塗り絵を教える為に
 ここへ来てるわけじゃないっ」
とカンカンでした
カンカンで
ますますその額の白さは広がって 行く
白墨の色よりさらに真っ青


冷や汗を拭いていますと

ふと
きづきました

原稿用紙は炊きたてご飯の香りだと
おしゃもじでマス目をすくって
よそいたくなる

そんな白さ だと


「先生 ごめんなさい」





初めて素直にあやまれたあの日は

あたしの下着が
赤く染まった日

だったのです





          作/名ナ。 さん
フォーラム選集 | 薦/緑川ぴのさん | comments(2) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
    / 07.07.17 記録
今日は風がひんやり冷たい
いつもなら
ぬら、
とする時間帯
台風は太陽を連れ去ったけど
置いていかれたのか
動きたくなかったのか
おおきくてグレイな雲が
あたしを見つめてる
じ、



 +


ぼやけた輪郭が
すこしずつブレを失う/取り戻す
裸眼に眼鏡をかけるように
それは

たった一回で
たった一通で
たった一言で
たったそれだけで


 +


覚えたばかりのことばで
意味がやわらかさを内包しているうちに
どの雨にも沁みるより早く
あたしにください
あたしに埋め込んでください


 +


おちゃをわかす
ぷらすちっくのいれものいっぱいに
つくる
くせに
すぽーついんりょうすいばかりのんでいる
ものだから
れいぞうこのなかで
しずかに
べつのものに
へんかしてゆく
それを

ひょうじょうで
ぐれいなあなにむかって
ざーとすてて
また
おちゃをわかす
そうだな
たぶん
しゅういちぺーすで


 +


飛行機の音だと分かる
空を見なくても
ごおおおおお
ゴー
Let's go
NEXT another DAY

with me?
with you?/nobody?/somebody?


 +


右の耳たぶに
四ッ葉のクローバー
風よ
あたしを
自由にしてみて
やさしくなれるよう、がんばるから







           作/イチカワナツコ さん
フォーラム選集 | 薦/緑川ぴのさん | comments(10) | -
ENTRY BOTTOM