10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

― 現代詩フォーラム選集 ―

毎週木曜日更新予定。

当サイトはリンクフリーです。
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
神君徳川いえやす公
いえやす公
幕府をひらいてください

いにしえということばがすっかりと
きえさったあとで誰もが
赤いカーテンや黒いカーテンのむこうで
からごころのうたをうたっています

しかたないのでぼくたちは
石竹でつくられたさくらの顔料の
女の肌をみつめながら
たたきつけられた
きえいるくろがねのひびきが
急転下して流麗になる計算された
さけびのなかで
恋のうたをうたっています

それでもぼくたちは
ほんとうに日輪の子だったのです
おや孝行と学問にはげむ
りっぱなさむらい大将です

東照大権現
いえやす公よ来てください
やさしさとは天下泰平です
厭離穢土です。
どうしようもなく田舎めいた
泥の中でふとった百姓どもが
卑猥なうたをうたいつづけるような
そしてむらはずれの処刑で笑い
子供がうまれても笑う
ひとがわらいつづける種類など
きっとどうでもよく
わらいつづけてみんないい

なるべく人も殺さず
なるべく戦争もせず
しかたがなくやるときは
正々堂々たたかって
大日本六十余州をなかよしで統一し
大世界二百二州に徳を充たす
それがほんとうの徳川です

ああいえやす公
突撃してください






     作/構造 さん
フォーラム選集 | 薦/清野無果さん | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
流れる
わたしたち
流れて
真夜中の水になる
あなたの喉をやさしく潤して
そっと
夢の中にしのび込む


水は落ちてゆく
あなたの肩から腕をなぞり
そして
温かな水の中へと
導かれて


あなたが見つめる暗い淵の
危うさの眠りに寄り添い
白濁した水にまみれて
わたしたち
新しい命になる


めくるめく
とおい声で愛しあい
歓びと哀しみの
はじめての言葉を知って


たどたどと語りつくせるならば



明るさの方へ
目覚めて消えるまで
あなたの中を
流れて




       作/yo-yo さん
フォーラム選集 | 薦/清野無果さん | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
沢田さん
近所の沢田さんは20年間
ずっと立ち話をしている
「立ち話もなんですから」と言っても
立ち話をやめてくれない
深夜 話し相手がいない時は
電柱やポストや犬と立ち話をしている

そんな変わった沢田さんではあるが
私は沢田さんを避けたりはしない
ひまを見つけては
沢田さんと立ち話を楽しんでいる
沢田さんと話していると救われるのだ
初恋の人や優しかった時の父や母
子供の頃の友達やお世話になった先生と
会っているような気分になれるのだ
沢田さんは ひとりなのに


沢田さんは今日も
台風が近づく中
立ち話をしている
こわれた
私の心の中の街角で
ひとり



       作/風見和尾 さん
フォーラム選集 | 薦/清野無果さん | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM