06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

― 現代詩フォーラム選集 ―

毎週木曜日更新予定。

当サイトはリンクフリーです。
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
流れ
今朝の珈琲未だ渦巻いていた


       この病気は渋滞だわ
       あのトンネルに吸い込まれたいがため
       誰もがハンドルを握るのだわ
       堅いシートはお尻の形にくぼみ
       ひとつぶひとつぶ汗を吸収し
       鋼の道路へタイヤの跡をスタンプしてく
       乾いた軌跡を見たいから
       窓から下方を凝視する癖


 山は 濃い緑色に ところどころ露見した柔はだを雲が翳め おひさまを隠した


       やがて四方を覆う密閉容器に流し込まれ
       脳裏に焼きつくオレンジの蛍光灯が
       わたしの生きる証なのだとしたら
       迫ってくる陽の光それはただの通過点なのだとしたら
       小さなものものをより一層強く掌握して
       巡ってゆかねばならぬのか


 薄緑の台地 牛馬は餌を食み 歯間に挟まる小花に舌打ちして 土を踏み鳴らす


       自然がありあまる上を通過したからって
       ありがとうとは思えない
       なだらかにあがっては下がる赤いブリッジの流麗さが
       突如現れたからといってただの感動に置き換えるわけに
       行かない
       旅の途中であなたがより一層強く舵を取るのは
       無数の感激たちに押しつぶされぬ為

       いつかは腐る 思い出たちよ





              作/名ナ。 さん
フォーラム選集 | 薦/葛西佑也さん | comments(1) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
あおみどろ
あおみどろの きょだいな なめくぢが こうていの きぎをはい かぜをとめて ひとりきる みずみずしい こどもようの ちいさなスコップで すなあそびばへと まいそうする あたまをなで めだまはどこなの とたずねると とっきぶつから さいごの すいぶんを こぼし さしだした そこは ねむりを しきんきょりから とつぜん はっぽうする あおみどろに かがやく ふるい つきが なめくぢの なきがらを いおとしている ひかりのおをひく かげが こうぞうぶつを ぬぎすて めをふきかえす





             作/地下鉄 さん
フォーラム選集 | 薦/葛西佑也さん | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
生命を孕んだみず(いる/いない)
手首の傷に花びら
傷口から血液が滴り落ちて
新たな植物が生えてくる。
濡れて光る植物。
わたしはそれを摘んで
もしゃら、もしゃら、と食む。
身体のなかで花びらが咲き誇る。
tsurara、tsurara、tsurara、
五臓六腑に染み渡る花畑。
花の海が満ちる。
きれいな海、
さざめいて、さざめいて。

白いフレアスカートの裾がざわめいて
手首の花びらが散ってゆく。
ひとひらの雪のように。
地面に触れて 溶ける。
みずが流れる。
足首はみずに浸って
美しい朝を洗う。
朝は洗われて 生まれ変わる。
朝の皮を剥いて
つるり、とした朝を頬張る。
とれたての果物のような果汁が迸る。

風の落とし物が響いている。
「ここはどこ」
「ここはみずが生まれる場所」
ふたりで駆け抜けた緑に輝いていた草原、
が底に埋まっている。
ポケットには言葉のかけら
みずのなかに落ちてゆく、落ちてゆく。
わたしは濡れながら
それを拾い集める。
拾い集めると 手首を傷つけて、
また花が咲く。

リフレイン、リフレイン。

わたしは瞼を閉じる。
輪郭線が消えてゆく。
溶けてゆく指先。
垂れてゆく耳たぶ。
絡み合って、混じり合って、混沌としている。
そこにわたしはいるの?
そこにあなたはいるの?
見えない。
見えない。
(いる/いない/いる/いない/いる/いない)

流れてゆく。
みずのなかでとぅろとぅろに交わって、新しい子を産む。
新しい子も見えない。
産声だけが聴こえる。
身体を持っていない。
輪唱のように産声がこだましている。
何者でもないなにか、
がいる/いない/いる/いない/いる/いない

リフレイン、リフレイン。

生命を孕んだみず。
見えないわたしたちはまたとぅろとぅろに交わって、
みずを飲む。

わたしは瞼を開ける。

わたしは見えない。
あなたも見えない。
新しい子も見えない。

(いる/いない/いる/いない/いる/いない)

色んなものが混じり合ったみずが流れている。







       作/藍露 さん
フォーラム選集 | 薦/葛西佑也さん | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM