06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

― 現代詩フォーラム選集 ―

毎週木曜日更新予定。

当サイトはリンクフリーです。
<< 最新情報 | main | あおみどろ >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
生命を孕んだみず(いる/いない)
手首の傷に花びら
傷口から血液が滴り落ちて
新たな植物が生えてくる。
濡れて光る植物。
わたしはそれを摘んで
もしゃら、もしゃら、と食む。
身体のなかで花びらが咲き誇る。
tsurara、tsurara、tsurara、
五臓六腑に染み渡る花畑。
花の海が満ちる。
きれいな海、
さざめいて、さざめいて。

白いフレアスカートの裾がざわめいて
手首の花びらが散ってゆく。
ひとひらの雪のように。
地面に触れて 溶ける。
みずが流れる。
足首はみずに浸って
美しい朝を洗う。
朝は洗われて 生まれ変わる。
朝の皮を剥いて
つるり、とした朝を頬張る。
とれたての果物のような果汁が迸る。

風の落とし物が響いている。
「ここはどこ」
「ここはみずが生まれる場所」
ふたりで駆け抜けた緑に輝いていた草原、
が底に埋まっている。
ポケットには言葉のかけら
みずのなかに落ちてゆく、落ちてゆく。
わたしは濡れながら
それを拾い集める。
拾い集めると 手首を傷つけて、
また花が咲く。

リフレイン、リフレイン。

わたしは瞼を閉じる。
輪郭線が消えてゆく。
溶けてゆく指先。
垂れてゆく耳たぶ。
絡み合って、混じり合って、混沌としている。
そこにわたしはいるの?
そこにあなたはいるの?
見えない。
見えない。
(いる/いない/いる/いない/いる/いない)

流れてゆく。
みずのなかでとぅろとぅろに交わって、新しい子を産む。
新しい子も見えない。
産声だけが聴こえる。
身体を持っていない。
輪唱のように産声がこだましている。
何者でもないなにか、
がいる/いない/いる/いない/いる/いない

リフレイン、リフレイン。

生命を孕んだみず。
見えないわたしたちはまたとぅろとぅろに交わって、
みずを飲む。

わたしは瞼を開ける。

わたしは見えない。
あなたも見えない。
新しい子も見えない。

(いる/いない/いる/いない/いる/いない)

色んなものが混じり合ったみずが流れている。







       作/藍露 さん
フォーラム選集 | 薦/葛西佑也さん | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM