10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

― 現代詩フォーラム選集 ―

毎週木曜日更新予定。

当サイトはリンクフリーです。
<< 空のオリ | main | 最新情報 >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
いつか大人になる少女達へ(おもいで)
口笛が遠くまで聞こえるのは
まわりに誰もいなかったからだ
分かっていたんだろう


少女よ
どこにも行かなくていい
君が知ってる誰もかもは
どうせ君の知らない場所で笑っている


白く細く
くもの糸のような息を吐きなさい
どうせどこにも届きやしないが
それはそれでいい


(ゆっくりと
 ぼやけた夜のヨーデルが
 右頬をすり抜けていった
 木々は倒れないように
 ただじっと数をかぞえている
 きっとそれらをゆっくりと包んでいく)


朝露を舐め続けて寄り道を忘れないで赤いリボンを外さないでくだらない
約束をくだらないと言わないで絵本を破り捨てないで雨を嫌いなままでい
てスキップをやめないで余計な物で飾らないで楽しそうに笑って夢で怖が
ってみせてよ、ねえ、それだけでいいから


枯れた花じゃ
押し花は作れないので
その時は惜しげもなく君を殺すよ
少女よ





       作/からふ さん
フォーラム選集 | 薦/亜有美さん | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM