12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

― 現代詩フォーラム選集 ―

毎週木曜日更新予定。

当サイトはリンクフリーです。
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
その海から
庭に雑踏が茂っていた
耳をそばだてれば
信号機の変わる音や
人の間違える声も聞こえた
ふと夏の朝
熱いものが
僕の体を貫いていった
雑踏は燃え尽きた
かもしれないが
庭土に刻印された日付を
人は語り続け
それは語らないことと
何も変わらない
網を持たずに出かけた子供は
低いところで弱っていたセミを
一匹捕まえて
戻ってくる途中だった
 
 




     作/たもつ さん
フォーラム選集 | 薦/前田ふむふむさん | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
つくつくぼうし
夏は
山がすこし高くなる
祖父は麦藁帽子をとって頭をかいた


わしには何もないきに
あん山ば
おまえにやっとよ


そんな話を彼女にしたら
彼女の耳の中には海があると言った


その夏
ぼく達はいっぱい泳いだけれど
それは果汁のような海だった
夜は砂の上に寝て
耳と耳をくっつけて遠い海鳴りを聞いた


いま山の上には祖父の墓がある
あれから
夏が来るたびに
ぼくは片足でけんけんをして
耳の水をそっと出す








      作/yo-yoさん
フォーラム選集 | 薦/前田ふむふむさん | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
弱いものから消えてゆく
でもルールー
思ってたより
生きることは難しいよ

真実は疑わなくちゃならないし
親切は裏か表かわからない

 マンボウの産む3億個の卵
 だけどその中で生き残るのはたった

そうだねルールー
生きることは
どこか戦いに似ている

 数万の蛙が産卵のため
 池を目指し行進する
 最近その通り道に道路ができた

誰もが何かから目を逸らして生きているから
本当のことを口にすれば
誰かの逃げ道をふさいでしまう

黙っているのが一番だと
ルールー
分かっているさ

けれど口を閉ざし
一人きり生きていくことはできない
できなかった

 ウグイスが調子はずれの声で鳴く
 けきょほけきょ
 間違えるたび少しずつ上手くなっていく歌

ルールー
君を抱えうずくまっていた少女は
もういない

だから何もないところでつまずいて
ヒザをすりむいても

ゆっくりでいいよ
おいで

歩いてゆこう






       作/ザラメ さん
フォーラム選集 | 薦/相田 九龍 | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
えいえんの夏
八月が終わらなければいいと
願っていた

そのときわたしは
小学五年生で
朝顔を上手に育てることが出来なかった
そして
支柱にぴよぴよと巻き付いた
枯れた朝顔に
まだ毎朝ぼんやりと水をやってしまうような
そんな子供だった

一度だけ
八月の終わりに目を覚まして
日めくりを見たら
八月三十二日だったことがある

家の中には誰もいなくて
晴天なのにいやに薄暗かった
窓を開けたら
ぱたぱたと
蝉が死んで木から落ちてゆくのが見えて
見覚えのある夏は
そこにはなかった

食卓に置いてあった茹でとうもろこしは
腐っていて嫌なあじがしたし
どの漫画もおもしろくなく
遠くからサイレンの音がした

ぴかぴか光っていたのは
ランドセルだけだった

わたしは貧しい子供のように
膝を抱えて
夕立を見ているうちに

いつの間にか
ねむったみたいだ

翌日にちゃんと九月がきた
だが翌日は九月二日だった

昨日より大分くすんだランドセルをしょって
登校したら
九月をきちんと始めたともだちたちが
昨日なんでこなかったの
と机に座って笑ってた

以来
八月三十二日を過ごしたことはない

夏が終わらなければいいと思うたび
八月に閉じ込められて
膝を抱える自分の姿が見える
枯れてなお支柱に取り縋る朝顔のように
力無くくったりと横たわる自分の姿が

それは
大変ぞっとする光景である

夏は夏のままで
終わるのがいい

それがいっとう美しいと思う






     作/吉田ぐんじょう さん
フォーラム選集 | 薦/相田 九龍 | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
のまど
いくつもの停留場が
いっせいに
羽を広げ
南の方へ渡って行った
停まるべき場所を
失ったバスは
大人たちの口から口へと
走り続けている
高層ビルが突き刺さった
地平線の向こう側
人々はもう
何処にも行けない
気の早いタンポポが
春を待たずに
綿毛を飛ばす
少年が新しい角度へと
旅立っていく





           作/Tsu-Yo さん
フォーラム選集 | 薦/相田 九龍 | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
神君徳川いえやす公
いえやす公
幕府をひらいてください

いにしえということばがすっかりと
きえさったあとで誰もが
赤いカーテンや黒いカーテンのむこうで
からごころのうたをうたっています

しかたないのでぼくたちは
石竹でつくられたさくらの顔料の
女の肌をみつめながら
たたきつけられた
きえいるくろがねのひびきが
急転下して流麗になる計算された
さけびのなかで
恋のうたをうたっています

それでもぼくたちは
ほんとうに日輪の子だったのです
おや孝行と学問にはげむ
りっぱなさむらい大将です

東照大権現
いえやす公よ来てください
やさしさとは天下泰平です
厭離穢土です。
どうしようもなく田舎めいた
泥の中でふとった百姓どもが
卑猥なうたをうたいつづけるような
そしてむらはずれの処刑で笑い
子供がうまれても笑う
ひとがわらいつづける種類など
きっとどうでもよく
わらいつづけてみんないい

なるべく人も殺さず
なるべく戦争もせず
しかたがなくやるときは
正々堂々たたかって
大日本六十余州をなかよしで統一し
大世界二百二州に徳を充たす
それがほんとうの徳川です

ああいえやす公
突撃してください






     作/構造 さん
フォーラム選集 | 薦/清野無果さん | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
流れる
わたしたち
流れて
真夜中の水になる
あなたの喉をやさしく潤して
そっと
夢の中にしのび込む


水は落ちてゆく
あなたの肩から腕をなぞり
そして
温かな水の中へと
導かれて


あなたが見つめる暗い淵の
危うさの眠りに寄り添い
白濁した水にまみれて
わたしたち
新しい命になる


めくるめく
とおい声で愛しあい
歓びと哀しみの
はじめての言葉を知って


たどたどと語りつくせるならば



明るさの方へ
目覚めて消えるまで
あなたの中を
流れて




       作/yo-yo さん
フォーラム選集 | 薦/清野無果さん | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
沢田さん
近所の沢田さんは20年間
ずっと立ち話をしている
「立ち話もなんですから」と言っても
立ち話をやめてくれない
深夜 話し相手がいない時は
電柱やポストや犬と立ち話をしている

そんな変わった沢田さんではあるが
私は沢田さんを避けたりはしない
ひまを見つけては
沢田さんと立ち話を楽しんでいる
沢田さんと話していると救われるのだ
初恋の人や優しかった時の父や母
子供の頃の友達やお世話になった先生と
会っているような気分になれるのだ
沢田さんは ひとりなのに


沢田さんは今日も
台風が近づく中
立ち話をしている
こわれた
私の心の中の街角で
ひとり



       作/風見和尾 さん
フォーラム選集 | 薦/清野無果さん | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
ラモーナの月
あいするふるさとの
夜をみてなにもいうことがない
わたしの夜は満ちるささやき
トウモロコシ畑を渡るやわらかな風

ハローお月さま
かえってきたよ
三鷹のかわいいネオンサインの
ビルの隙間のお月さま

目抜き通りを
抜けビルを抜けあたりいちめん
シロツメクサムラサキツメクサ
カラスノエンドウ

わたしのまちは草いきれのした
友だちはみな
盛り場に行ってかえってこない

ハローお月さま
ちいさいころから
なにもかわらないあなたの家
あなたはいつもみつめている
わたしは思い出すのに忘れる

芝生畑にコウモリ
明けがたにカッコウ

目抜き通りの
人の群れ足のしたいちめんに
踏みつけて割れた友だちの


ハローお月さま
ただなかの鳥が素通りしていく
わたしの夜は街灯のひかり
ビルからみあげるまっくろな空
いつだってあなたの顔をみていた
いつだってあなたはわたしをみている
ハロー、

お月さま

元気だった?







        作/かるやゆうこ さん
フォーラム選集 | 薦/ピクルスさん | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
ワールド・ライト
重力の演奏が、あた  乾燥し、聖文字の様
りには散乱している、 に去勢された植物が、
カーテンが何かを隠  森のあちこちで絵を
し、塗り潰された色  描いているから、足
の部屋、大きく息を  を振って距離を取り、
吸い、自分勝手に、  引かれる髪にはむら
色をつけていく、そ  が生まれ、歩いた道
の時の右手の静脈だ  の残り香に、こども
けが、ただ赤い、温  が群がっている、夜
みを絶ち切られる、  が降りてきている、

雨降りの街で、鈴を付けたヒトに連れられる、
ジャンク・フードがそこいらで、再生されて
行き、あまもり、振動、頚動脈の触感、携え、
地下で心を失くし、エンドレスの、雨音、吹
き出してくる、波の泡と、どこかへ消える階
段、服のきれはしは、見事に踏みにじられ、
小児科の前で白服のヒトが演説をたれている、
鈴の音は、水てき浮く肌を打ち、遠きを近く
にして、踏み鳴らすおとさえ彩色に、豊かか
ら、獣がうまれおちて、子を生そうとする、

重力の演奏が、あた  乾燥し、聖文字の様
りには散乱している、 に去勢された植物が、
折り紙の手で、カー  タイルの脹脛に亀裂
テンを掻き分ける、  を入れ、その線記号
手から情報誌がぽろ  をこどもらに話して
ぽろおちて、それが  聞かせる夜、こども
蛾になる、部屋は水  らも植物も、何をも
浸しで、蛾が耳のな  怖がらないから、自
かに入り、なにもか  由時間の猶予を与り、
もが、綺麗だった、  つい、遊び惚ける、

雨降りの街で、鈴を付けたヒトに連れられる、
そのヒトが歩いた跡、打ち身めいた腫れが浮
かび、街は挨拶をしないヒトであふれた、急
患、と叫びゆくヒトは罪過を振り撒き、季節
の隙間に入っていく、卵黄をつぶして子供た
ちが遊ぶと、夕方になり、むしろ静まった空
は、軽業師のようだった、切れてゆく切れて
ゆく、から、繋がり、ぼくらが一斉に逮捕さ
れゆく夕闇に、街に除光液が降り頻り、身体
の冷えていく僕を、路地の奥で見つめる獣、






          作/田崎智基 さん
フォーラム選集 | 薦/ピクルスさん | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM